まちとしごと総合研究所

“まちとしごと総合研究所"は、地域の豊かな資源を活かした
まちづくり・仕事づくりを専門とする、
地域のための民間・市民シンクタンクです。

page scroll

PROBLEM

課題

私たちは、これまで京都府内を中心に関西圏域において
そのまちにとって必要な活動や仕事を創ってきました。

しかしいま、日本の多くの地方都市は世界の中でも
例がない速度で少子高齢化・人口減少へと進んでいます。

ある調査によれば、2040年には都市部への一極集中がさらに加速。
現在約1800ある市区町村のうち896の自治体が消滅。
523の自治体が人口1万人を割り込むとも言われています。

VISION

視力

まちに必要なこと×豊かな暮らし

私たちは、この現実を受け止めつつも
そのような危機が、日本の地方都市や地域がこれまでのあり方を見つめ
「本当に自分たちのまちに必要なことは何か」、「豊かな暮らしとは何か」を考え
転換を図るための貴重なチャンスであると考えています。

東京や大都市とは違う、地方都市や地域だから選択できる「働き方」。
人口が減少しても、豊かに暮らすことができる「暮らし方」。
地方都市や地域だからこそできる「選べる生き方」を私たちは提案していきます。

ABOUT

我々

有限責任事業組合まちとしごと総合研究所

有限責任事業組合まちとしごと総合研究所

〒602-0862 京都市上京区河原町通丸太町上る出水町284番地
設立:2014年7月25日
組合員:岡本卓也 / 田口美紀 / 野池雅人 / 東信史 / 深尾昌峰 / 三木俊和

事業内容